モーニング娘。を中心にハロプロに関する話題を幅広く取り上げる(つもりの)ブログです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


個性を出す 異性を奪取 普通をwash 速攻でdash
2006年10月05日 (木) | 編集 |
今日は授業が5限だけだったんで昼過ぎまで今日提出のレポートをやってました(マテw
何か意外と簡単そうだったんで今日まで放置してましたw
何とか終わったんですが、次回からはもうちょっと余裕を持ってやろうと思いますw

-----------------------------------------------------------------

今日は昨日発売になったコンサートDVD「Hello! Project 2006 Summer ~ワンダフルハ-ツランド~」を紹介します。

このDVDには今年夏のハロー!プロジェクトのコンサートの7月23日の千秋楽公演が収録されてるんですが、この日でモーニング娘。・ハロプロ卒業となった紺野あさ美ちゃん、そして8月27日にモーニング娘。を卒業した小川麻琴ちゃんにとってのラストステージということで、2人の卒業セレモニーの様子も収録されてます。
曲については今更言うこともないんで、そちらの方を取り上げようと思います。


10人のモーニング娘。での「Ambitious!野心的でいいじゃん」が終わり、ステージに残るあさ美ちゃんと麻琴ちゃん。
そして2人からのメッセージが読み上げられる。
まずは麻琴ちゃんから。
途中泣きそうな声になりながらも何とか読んでいく麻琴ちゃん。
そして笑顔で読み終えた麻琴ちゃんからあさ美ちゃんへとバトンタッチ。
その瞬間、会場を埋め尽くす「こんこん」コールと彼女のイメージカラーであるピンク色のサイリウム。
それを見て泣きそうになりながらも何とか堪えて手紙を読み始めるあさ美ちゃん。
途中、抑えきれずに何度も零れ落ちる涙、そして詰まる声。
そして何とか読み終えた後、再び会場を埋め尽くす「こんこん」コール。
それに耐え切れずに号泣するあさ美ちゃん。
その感傷に浸る間もなく、2人で(2番から同期の高橋愛ちゃんと新垣里沙ちゃんも合流)「好きな先輩」の披露。
モーニング娘。に加入して初のアルバムに収録されている4人だけの曲という思い入れの大きい曲。
それを4人で歌う最後の機会という事もあり、途中で何度も泣き声になる4人。
そして曲の合間合間に会場全体から沸き起こる「こんこん」「まこと」コール。
スタッフも客席からは見えない位置に「紺野・小川おめでとう」のボードを掲げて2人の卒業を祝う。

歌い終わった後は各メンバーから2人へのメッセージ。
ほとんどのメンバーが2人との別れに声を詰まらせながら何とか言葉を紡いでいく。
特にメンバーの卒業を初めて体験する久住小春ちゃんは言い始める前から大号泣。
勿論同期の2人も涙が止まらない。
愛ちゃんは言う事がまとまらず、里沙ちゃんは2人に向かい合った途端に堰を切ったように涙が溢れ出す。
そしてリーダーの吉澤ひとみちゃんも初めての後輩の卒業に思わず涙が。
それでもリーダーとして伝えるべき事をしっかり伝え、最後に2人をしっかりと抱きしめるひとみちゃん。
そして全員が言い終わり、10人のモーニング娘。としてラストスパートをかけるべく次の曲へと進んでいく―。


こんな感じです。
何かいつも以上に文章がまとまってませんが、これはある意味しょうがないと思って下さい。
卒業セレモニーを文章で表現するのって凄く難しいんですよ。
実際に見ないと感動って伝わりにくいですし。
こればっかりは僕の力でどうにかなるものでもないんで、とにかく見て下さい。
ただの仲良しグループなんかとはわけの違う、年齢も出身地も違うメンバーたちの間に生まれた「絆」を感じることができると思います。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。